前倒しで行こうよ

アクセスカウンタ

zoom RSS パンクに備えて。

<<   作成日時 : 2012/07/29 18:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 73 / トラックバック 0 / コメント 0

さて、脱ランフラットしたからには … 何らかのパンク修理グッズを積む必要があります。



考えられる対策としては、大きく分けて …


(1) スペアタイヤを積む (テンパータイヤをどこからか仕入れてくる)

(2) パンク修理グッズを積む。


でしょうか。


ダントツで安心出来るのは (1) でしょう。 しかし、当然ながら F10 にはテンパータイヤをうまく収納できるようなスペースは用意されておらず … いくら荷物を満載に積むことなど無いとはいえ、まさかトランクにタイヤを転がしておくわけにもいきますまい。
また、テンパータイヤは十数kgあり、それにレンチ + 手回しパンタジャッキでも15kg弱。 手回しではなく油圧ジャッキにした場合には、20kgをオーバーしそうです。

いくらなんでも20kgの重量増はキツいので、(1)は却下かなぁ。


ちなみにゼロクラウンは、スペアタイヤはテンパーではなく純正装着と同じホイール&タイヤでした。 贅沢ですねぇ。
パンクに対する備えとしての安心感もさることながら、仮にホイールを一本ガリっても大丈夫、って安心感も大きかった。



 これはBMW純正、パンク修理剤を使った修理キット。 Mモビリティシステム 3。
画像



それでは、(2) のパンク修理グッズについて考えてみましょう。


(a) ホームセンター等で良く見かける、デカいスプレー缶にチューブが付いたようなパンク修理剤。

(b) パンク修理剤と、12vで作動する小型コンプレッサーがセットになったもの。

(c) 穴に接着剤を塗ったゴムのプラグ等を差し込む、正統派のパンク修理キット。


などが思い浮かびます。 さらにつらつらと考察してみましょう。


(a)は、間違いなく一番かさばらなくて安価。
代表的と思われる Holts タイヤウェルド (タイヤサイズ的に 「特大」 が必要だろう) で実売¥2000前後か。 修復可能な穴は3mmまで?らしい。 Holts のHPによると 「(釘等を) 抜いて」 注入するべし、とある。



 おなじみホルツ。
画像




(b) は (a) よりかさばるが、このセットだけで完結するのだから問題とする大きさでは無いだろう。
わたしのニカワ … いや、ニワカ知識によると、市販品として代表的なものは YOKOHAMA の AIR LOCK (実売¥10000前後)、SLIME パンク修理キット (¥4000前後) あたりだろうか。 BMW純正でも同じようなセットがある(¥20000超)。
また、どこかのOEMかもしれないが、レクサス (トヨタ) 純正、ホンダ純正 … などもあるようだ。


(a) と (b)、パンク修理剤の能力そのものに違いがあるのかはわからない。もし違いが無いのならば、小型コンプレッサーを常に積んでいる私にとって (b) のセットは… 洒落たケースに入ったりしていること以外、たいしてありがた味の無いものとなってしまう。



 YOKOHAMA AIR LOCK。
画像



(a)(b)共通の問題点としては… これはもう広く知られている事実だけど、パンク修理剤はあくまで応急処置であって(YOKOHAMA AIR LOCK に至っては、「釘等を抜かないで注入して下さい」 とある) ちゃんとしたパンク修理にはならない、ということ。
(パンクしたタイヤを修理して使っていいのか、という議論は今回は置いておきます)


速やかに適切な場所で修理してもらえ … と言われても、修理剤を使ったとなるとまず修理を断られ、結局新品タイヤに交換、となる場合が多いようです。 (この場合も修理剤をタイヤ内にぶちまけた状態なのでこれを落とさねばならず、交換作業を嫌がられる)



仮に新品交換になっても良いとして、出先で今のF10のサイズの在庫を置いてる店なんてあるのか、と。 … まず無いよねぇ。
じゃぁ注文して届くまで数日待つ? そりゃ無理だよ。 もし数百キロ離れた出先でパンクした場合、タイヤ1本パーにする覚悟で修理剤を注入した挙句、本格的な修理も出来ず、新品にも替えれず … 恐る恐る帰ってこなくてはいけないハメになりかねない。



AIR LOCKの説明。 これは刺さったものを抜いて使用しているようだ。 ま、さすがにドライバーを突き刺したまま走れるわけない。




(c) の問題点。 ひとつめは … かさばること。

修理キットのみでは微々たるものけど、それにジャッキとレンチ、コンプレッサーが (まぁ足踏みポンプでもいいけど) 必要だから。
タイヤを外さないでやる? いや … フロントタイヤがパンクした場合、目一杯ハンドル切った状態でソロソロと移動してパンクした箇所を露出させれば (一人では至難の業だが) 何とか修理はできるけど。 リアはタイヤ外さないとまず作業は無理でしょう。


ふたつめの問題点は、手順が多く作業の難易度が高いこと。
まず、空気が漏れている場所を確実に特定しなければならない … (漏れが微妙過ぎると見つけるのが非常に困難な場合がある)
また、刺さっているモノを確実に抜かなければならない … (釘等が刺さって頭が折れてたりすると、抜くのが困難な場合がある)
そして、穴をふさぐ修理道具そのものをうまく使えるのか、ってことも考えねばならないし。


こういうことから考えても … 漏れてる場所がわからなくて釘等が刺さったままの状態で使っても漏れが止められる可能性があるパンク修理剤 … (a) (b) とは、その敷居の高さで大きな違いがありそうです。


長所は、ちゃんと修理出来ればその後安心して走れることかな。パンク修理したタイヤは安全なのか、の議論云々は… 以下略。
(確かに、外側から修理する場合は作業の過程で内部のワイヤーを切っていると思います。ブチブチ感触が伝わってきますので)



(a)(b)(c)、いずれも大きな亀裂やサイドウォールからの漏れに対してはほぼ無力であり、パンクした箇所によって漏れが止めることができる or 止められない、の優劣はそれほど無いと思われます。



また、(c) については 「交通量の多い場所でパンク発覚した場合、どう対処するのか」 ってことも考えないと。
修理剤ならすぐ注入できるかもしれないけど、危険な路肩でジャッキアップしてタイヤを外して … とはいかないよね。
しかし、(c) はコンプレッサーを積んでる。 とりあえずそれで空気を入れてから、修理に適切な場所に移動すれば良いでしょう。
仮に空気を入れた片っ端から抜けてしまうような大穴のパンクだったとしたら、それは修理剤でも歯が立たないんだから結局 (a)(b)(c)、どれをやってもダメってことだし。



 SLIME パンク修理キット。
画像



で、私はどれを選んだかというと …


(c) です。


理由は、やはりパンク修理剤はあまり使いたくないということ。
理由は色々ありますが、私はそもそも 「応急処置」 ってものが嫌いだから(笑) 出来るなら、一発目でちゃんと修理してやりたい。
幸い私は、随分と昔の話だけど結構パンク修理をしてあげた経験があり (もちろん自分のタイヤ相手にでは無い)、まぁ今でも出来るんじゃぁないか、などと考えて(誤算)しているのです。



というわけで、とりあえず道具を取り揃えてみました。



油圧パンタグラフ (シザース) ジャッキと、安っぽい工具箱。



画像



安っぽい工具箱の中身は、こうなっています。



画像



左から … 修理工具本体、接着剤、釘抜くためのラジペン、穴を塞ぐプラグ、スプレー容器の中身は台所用洗剤を溶かしたもの (漏れを見つけ出す、あるいは漏れが止まったかの確認用。 これが無いとまったく話になりません)、一応予備でバルブコア。
上部手前はバルブコア回し、上は修理後余ったプラグを切り落とすためのカッター。


ええっと … こんなもんでよかったっけ?
何か足りないものあるかなぁ。 まぁマシンガンで撃たれでもしない限りは、プラグはこんなに必要無いとは思うけど。
まぁね、福岡県ってほら、県警のHPに 「手榴弾に注意!」 ってページがあるくらいだから。 あながち無いとは言い切れないかも。


(無いです)


ちなみにこれは棒状のプラグを垂直に差し込むタイプですが、あとは棒状のゴムをくの字に差し込むもの、銀行マークみたいな形のゴムを差し込むものなど … があったよね、確か。
どれが一番いいか、ってことより、作業する人の技量によって成功率が大きく変わる気がする。



ジャッキ。


画像



重量の面から手回しジャッキにしようかと思いましたが、購入の条件として 「ケース入り」 を探したところ … 手回しは見付からず。
まぁ安い手回しジャッキをケースに入れて売るとこなんて無いよね。
ケース入りに拘ったのは、裸のジャッキをうまく収めらそうな場所が無いから。

で、このジャッキを見付けたわけです。 比較的小型軽量だったので、購入しました。 寸法重量は、ケースに書いてある通り。
ケース右下に入ってる輪止めは、付属しているわけではなく別に購入したものです。 ちょうど収まったのでここに。



なかなかしっかりしてます。 マサダ製作所、というところが造っているらしく、結構な人気商品のようです。


画像



車庫にはこれとは別に油圧パンタとガレージジャッキがあるので、パンクしない限りコイツの出番は無いはず。
積みっぱなのジャッキとしてはややオーバークオリティな気もしますが、まぁ出番が無いことを祈りたいですね。
ああ、それと。 写っては無いけど折り畳みの十字レンチも積んでます。 工具一式の総重量は8kgくらいでしょうか。




さて、脱ランフラットされた方はそれぞれ何かしらパンク対策されていると思いますが、私の場合は比較的重装備となりました。


これだけの物を … もしかしたら一度も出番が無いかもしれない工具等を積んでまで、脱ランフラットする価値はあったのか。
また、そういう差し引きを一切考慮しないで、純粋にタイヤだけの違いとしてはどうなのか。



只今、タイヤの皮むき中 … どうもねぇ、今の時期は出足が鈍るんですよ、暑かったりとかで。
何か去年の同じ時期も同じようなこと書いてるね、私(笑)
それに、未だほとんど改善せぬ例の目のことが重なって … 余計にアグレッシブさに欠けている今日この頃。


それでも、近いうちに違いを書きたいな。 差が大きくなければ、感覚ってすぐ慣れてしまうからね。





応援クリックお願い致します。
 にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
BMW ブログランキング

人気ブログランキングへ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 73
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい
パンクに備えて。 前倒しで行こうよ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる