前倒しで行こうよ

アクセスカウンタ

zoom RSS 惜しい!!MAZDA CX-5

<<   作成日時 : 2017/04/23 16:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 48 / トラックバック 0 / コメント 0

まだ、VOLVO V90 がまったく意識に無い頃だったんで。


これに買い替えたら、色々楽になれるかナ〜、と(笑)
本当に 「乗ってどこかに行く」 事だけしか考えなくなるというか。 良くも悪くも趣味性が薄くなるというか。


ほんと、真面目に検討したんです。



画像



ディーゼル2回、ガソリン1回、かなりじっくり試乗しました。


以下、試乗記と言うほどでは無いですが、ざっと。 基本ディーゼルの XD L Package (最上級バージョン) AWD の感想です。



どうでもいいことですが、最近多くの車種の中間グレード呼称が Touring から PROACTIVE に変わっています。

プロアクティブと言えばニキビのアレしか浮かばないと思うんですが、そんな事お構いなしにプロアクティブに変更してしまうある種の素っ頓狂さが、いかにもマツダだと思います。






※ エクステリア



先代より大幅に質感がアップしていると思う。

細部の質感も然ることながら、全体のデザインからしてどういう訳か先代より大幅に 「高級」 に見えます。
先代と殆ど変わらない、という感想が大多数ですが、私にはかなり変わったように見えるけどなぁ。



落ち着きと凄みを両立させたフロントマスクは素晴らしいですね。 静かなる威風堂々、とでも言いますか。

ただし超大型グリルのメッキ外周の下端に継ぎ目があるのがほんといただけないです。
CX-3 もここで分割されてはいるのですが、CX-5 は枠が分厚く奥行きもあるために非常にこの分割線が目立ちます。


難しいのは解りますが、シグネチャーウイングをデザインアイコンとするなら余計に、何とか一体にして欲しかったところです。



画像



サイドビューは、全体のボリュームからするとホイールベースが短かい感があり (鼻先が伸びてフロントオーバーハングが増した事もあるけど、バランス的にはリアタイヤがもう数センチ後ろにあったら良かった)、またルーフ後端の落ちが少なくリアゲートもやや後ろに張り出している為か、いささかリアが重くアンバランスに見えますね。

しかしそのおかげで、後席のヘッドクリアランスは結構大きいです。

基本的ディメンションを先代からキャリーオーバーした上で、より後席の快適性向上、ラゲッジスペースの確保を追求した結果、こうなったのでしょう。



シンプルが高級感を生んでる一因だとはいえ、全体的にちょっと地味だと言えなくも無いので、社外の大袈裟なエアロはともかくメーカー純正のシンプルなエアロは付けたいな、と思ってました。 (下はエアロ付き)



画像



※ インテリア



質感は高いです。


しかし保守的というか重いというか、瀟洒な感じが無いというか。 微妙に野暮ったいのは安定のマツダと言うか(笑)

もう少しエレガントに出来なかったものか、と思いますが、質実なオフローダー的高級感、と見ればこれで良いのかもしれません。
マテリアル的な高級感はあり、乗ってれば満足感は高いのだろうな、と思いました。



画像



F10 の大柄なシートに慣れてしまうと国産はどれ乗っても座面長が短く感じてしまうのは仕方ないですが、掛け心地、ポジション、各部の操作感、どれを取っても非常に良い感じです。


しかしまぁ、これだけの質感を持ち、そして全席シートヒーター、ステアリングヒーター、ヘッドアップディスプレイやら何やらもはや完璧高級車と言っていいほど装備が充実していながら、このマツダコネクトのちっこいディスプレイのショボさはどうでしょ(笑)

これほんと、マツダはどうしていくつもりなんだろ。






※ 走り



ディーゼルは相変わらず良いですね。

しかし先代の試乗記でも書いたように、スペックから想像するほど速くは無いです。 0-100km/hもけっこう遅いですし。


ガソリンは2.5に乗ったんですが、ディーゼルは低圧縮、逆にガソリンは高圧縮、ということで … 両者圧縮比が結構近いんですよ。

そのためかフィーリングや音はかなり似通っており … 要するにディーゼルには無い突き抜けるような回転、或いはディーゼルには無いスムーズなフィーリングや静かな音を期待すると 「あれれ?」 となるということです。

このガソリンエンジンに関してはディーゼルよりトルクが劣ってる分をフィーリングで埋めているとは言い難く、少し価格が安い以外にガソリンを選ぶ意味は無いと思いました。




足回りは、かなりいいです。


荒れたところではやや突っ張り感がありますが、それも含めて G30 の 530i とかなり似通っています。
いや、突っ張り感はあるとはいえ 530i よりもしなやかで、むしろ優れていると感じました。

もちろん、V90 の板バネ車よりは完全に上です。

ステアリングも非常に滑らかでフリクション感や反力の不自然な増減など皆無、またブレーキもBMWから乗り換えても何ら違和感がありません。


これらも、V90 より上だと思います。



画像



総じて非常に良い車だと思いますが、なぜ購入に踏み切れなかったか。


それは、エンジン音がうるさいから。


回した時だけうるさいのならともかく、常用域でも割とエンジン音の侵入が多いんですよ。
これはちょっとキツいなぁ、と。

先代とか、アテンザとか、こんなに音入って来てたかなぁ。
まさか余計煩くなるわけ無いから、ロードノイズの侵入が減ったために目立つんだろうか。

そう、ロードノイズはかなり静かなんだよね。 でもエンジン音侵入低減に関しては、向上してるとは思えないね。




それともう一つ。 内装色が黒か白しか選べないこと。


黒一色はもう嫌なんで … 違う色を選ぼうとすると、白しか無いっていう。

真っ白って、展示車で目を惹くにはいいけどあんま実用的では無いっしょ。
他の車種で白内装を持つ試乗車も、すでにかなりヤレや汚れが目立って来てるし。


白が嫌なら黒しかありませんよ、てのは、不親切でしょう(笑) せめてブラウン系があればいいのにねぇ。
しかし当初、やはり白か黒内装しか無かった CX-3 もブラウンが追加されたし、5もそのうち追加されそうだけどね。
「予定はありますか?」 と聞いたけど、無い、っていう話だったけど。


その二つがネックになって、見送った次第です。





530i や V90 の半分以下の価格から考えると、装備、走り共にじゅうぶんタメを張れる、或いは超えているところもあり、恐ろしくコスパが高く良い車だと思います。

しかし乗り出し400万は国産車としてはすでに高級車に両足突っ込んでいる価格ともいえ、そうなるとエンジン音の侵入をもう少し抑えるべきであった、と思います。


コレ多分、どこかで改善してくるでしょう。

内外装が醸し出す高級感、装備品はもはや一級品と言えますので (除くマツダコネクト)、コレさえ良くなれば (走ってる姿を見ればいささか地味ではあるものの) 立派なプレミアムカーになれるかと。

このままではここ一点だけが 「上質」 に今一歩届いておらず、非常に勿体無いな、と感じました。




いやね、ここまで来ると、もう 「完璧」 を求めたくなっちゃいますよね(笑)

それくらい、レベルは高いんです。


今回は V90 っての見つけて流れちゃったけど、MAZDA CX-5、欲しいなら買っちゃって間違い無い車だと思いますよ。









気持玉ついでに押して頂けると
 にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
(゚∀゚)/ モチベーションアッー!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 48
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた
惜しい!!MAZDA CX-5 前倒しで行こうよ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる