前倒しで行こうよ

アクセスカウンタ

zoom RSS オイルクーラーを活かさなきゃ

<<   作成日時 : 2017/05/25 19:30   >>

面白い ブログ気持玉 47 / トラックバック 0 / コメント 0

作業をしたのは数ヶ月前になりますが。



高回転でエンジンを酷使して走った時に油温が150℃を超えてしまうため、535i のオイルクーラー及びサーモブロック (LCI 前用。 後は付いておらず) をオリジナルの配管で連結してこの 528i にブチ込んだ事は … 過去に前編だけ(笑)書きました。


その時に汎用のサーモブロックを使うか純正を流用するか随分迷ったのですが、隙間が広くはないエンジンルームに汎用のサーモブロックを取り付けて曲がりにくいメッシュホースを引き回すのが難儀そうだったため (やって出来ないことは無かったでしょうが、日和ってしまいました)、535i の純正流用としたわけです。



しかしこの純正サーモブロック。
サーモスタットが110℃くらいからしか開き始めず、多分油温130℃くらいにならないと全開にならんとです。

だから前みたいに150℃とかにはならないまでも、やっぱり130℃まではすぐに上がってしまう。
これじゃ、折角結構大掛かりな作業をしてオイルクーラー取り付けたのに、あんまり意味無いと言うか。 持ち腐れ的な。




なので、いわゆる 「ローテンプサーモ」 は無いのか、と。
探して見るも … 冷却水用のサーモスタットとは似ても似つかない形だから流用も利かないし、専用品も出ていない様子。

いやね、ただのつっかえ棒に仕切りが付いたパーツならあるのは知ってたんですよ。
要するに、常時オイルクーラーにオイルが流れっ放しになるやつ。

でもそれだと何だかなぁ、と思って。 冬場油温全然上がんないんじゃないか、とか。 いつも飛ばしてる訳じゃ無いしね。






というわけで、そのただのつっかえ棒とは違う、何だか怪しいパーツを入手して純正サーモスタットと入れ替えてみました。



まず、ここのフタを外し、



画像



画像



フタを外すためにブロックのボルトも1本外さなきゃいけなかったりホースも抜かなきゃいけなかったりで、思いの外面倒くさい。
先にオイルフィルターのフタ開けてオイル落としておかないと、開けた瞬間オイルが流れ出るでしょう。



純正サーモスタットを抜きます。



画像



怪しいパーツを用意します。



画像



上が純正サーモスタット。 下がその怪しいパーツです。 バネの向きが逆になります。



突っ込んでフタを閉めて、外したとこ元に戻して終わり。



画像



えーっとですね。 このパーツ、油温を90℃に保つ、という謳い文句なんですよ。
でもワックスで動くような所はどこにも無いんです。 温度に反応して動くところは無いのです。


なのにどうやって90℃に保つんだよこの野郎、って。 海外でも議論してるところがあって(笑)


動作としては、基本クーラーに流れっ放しで、油圧が掛かると右から左に押されてクーラーがバイパスされるんです、と。
だから油温が低くて油圧高いエンジン始動直後だと、クーラーがバイパスされて油温が早く上がるんだと。

ホントかよ、と(笑) じゃぁ高回転時にもバイパスされちゃうじゃん、と。
もしそういう動作するんだとしても、スプリングカラーと本体が何で別体なのかも意味ワカランし。


とにかくね、怪しさ満点なんだけど。 ダメなら元に戻しゃいいや、って。





そしたらね、何故かほんとにほぼ90℃に保ってるんですよ。


確かに油温が上がるのは純正サーモより遅いけど、気温0℃付近で油温計が動き出すまで普通に走って30分弱くらい。
今の時期だと10分もすれば上がるから、そう問題は無いのではないかと。

高速道路を極低負荷低回転で真っすぐ走っても、一旦上がれば90℃は切らないし。 下がり過ぎることは無いんですよね。
もちろん、カッ飛ばしても100℃超えるくらいで上がり過ぎないし。 (たまにゃ100℃超えないと水分が飛ばない)


純正サーモスタットは隔壁に穴が幾つか開いていて、オイルの一部はクーラーに行かずに常にバイパスされてるんですよ。
でもこの隔壁には穴が無くて全量クーラーに行って戻って来てるから、冷却力も若干アップしてると思います。
(この手のパーツには、隔壁に穴が開いた物もあります)


逆に、アイドリングでずっと停車してるとフツーな上昇率で上がりますけどね。 クーラーにまったく風が当たらないから。


多分、概ね水温に釣られて90℃に保たれてるんだと思います。 このパーツの動きが油圧でどうこうでは無くて。






とにかく、何かようわからんけど良いパーツでした(笑) 結果が良ければそれでいいのです。


ただし、程なく買い替えを決めてカッ飛ばす事も皆無となり、恩恵を受けることが無くなってしまったのが残念です。

まぁ殆ど居ないでしょうが、オイルクーラーを持つ車種で油温上昇に悩まされてる方は考えてみてもいいパーツかと。
街乗りでもじゅうぶん油温は上昇しますし。



画像



もしかしたら、上のみたいな只のつっかえ棒隔壁型と変わんないのかもしれないですけどね。

マニアックなパーツ過ぎて、違いを誰かと比べる事すら出来ないっていう(笑)








気持玉ついでに押して頂けると
 にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
(゚∀゚)/ モチベーションアッー!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 47
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい
驚いた
オイルクーラーを活かさなきゃ 前倒しで行こうよ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる