新型クラウンに試乗

昨日地元のトヨダディーラーの前を通りかかると、「新型クラウン登場!」 的な幟が目に入りました。


そのまま通り過ぎながら奥を覗くと、ナンバー付きの新型クラウンが。





一度通り過ぎ少し迷ったのですが、記録的な悪天候の翌日ということで来客も少なそうであり (本気モードの試乗待ちの間に購入意欲の無い私が混ざるのは申し訳ないので)、今日がいいかな、と思い直して引き返し、見せてもらいました。





以下、試乗記と言うより 「ちょっと乗ってきました」 的に簡潔に書いていきます。



試乗車は、2.5のハイブリッド、多分 S “C package” に、本革シートやサンルーフのオプションを付けたもの。

従来で言えばロイヤルサルーンに当たるコンセプトのグレードでしょうか。







まず、外観。



ずいぶんと長く、立派になったな、という印象。
それもそのはず、巨躯の V90 と比べても全長、ホイールベースが約20mm短いだけです。

ただ長いだけではなく、「細長い」 感も先代と同じくありますが。


これはWeb上で見たときから強く感じていたのですが、タイヤが小径過ぎますよね。

特に納車待ち1号?として置いてあった18インチホイールのRSを見るとそれは顕著で、まるで昔見た 「小径のタイヤを履かせることによって変な車高短になってしまったセダン」 のようです。 特にリア。
小径だわ隙間デカイわ奥に引っ込んでるわで、ど~もいかんです。


ナンでこんなバランスにしたのでしょうか。 おかしいと思わなかったのでしょうか。


とはいえ全体的にFRらしい端正なプロポーションだと思います。
6ライトになり細くなったCピラーがサイドビューを柔らかくしていますが、4ドアクーペ風と言われると何か違う気が。



フェイスは好きですよ、うん。 リアはメルセデスの何かに似てますね。







インテリア。



立体的な構成でトヨタの今風ですね。 良いと思います。


シートも良さげですがやはり座面長が短い、調整も出来ないのは辛い。
テレスコを一番手前にやってもストレートアーム的になるのは相変わらず。


シートを一番下まで下げても F10 や V90 と比べてやや足を下ろすスタイルになっている気がします。
個人的にはペダルに対してもう少しまっすぐ足を伸ばしたい。

てかアクセルペダルの角度が合ってないんかいな。



ステアリングの握りの質感、径はかなり好ましい。 細すぎる V90 よりしっかり掴めて、安心感がある。




しかしまぁ、今更では無いですがとにかく左右が狭く、せせこましい。
1800mm という全幅に拘っているので仕方ないですが、私から見るとクラウンという車を購入対象にするとき、これが最大のネガになりそう。


また天井も低い。 サンルーフ付きだから余計。
頭上と右側頭部に常に圧迫感を感じてしまう。


しかし今思い返してみると、それはそれでコックピット感があっていいのかもしれません。

しかしそう考えると、例えば V90 が北欧のリビングのようだとか揶揄されるのに対してクラウンがコックピット的とは … いつのまにそうなっちゃったのか。 可笑しいですね。


そしてそう!! クラウンと言えばこれ!! エアコンのスイングルーバーは相変わらず秀逸。







走ってみて。



停止状態から普通に街乗りしてる範囲でのパワートレイン、及びドライブトレインの制御、マナーは素晴らしいです、文句の付けようが無いです。


また操舵も文句無し。 しっとりとした適度な重さ (V90 が軽いのでこれでも重く感じる)、安定感、フリクションや変な味付けの無いナチュラルなフィーリング。 何も言うことなし。


足回りも文句無し。 当たりはソフトなれどもちゃんと適切なコシがあり (ロイヤル相当ならもう少しソフトじゃ無いと年配からなにか言われそう、とは思ったが)、何も、全く注文を付ける気にはなりませんでした。



確か先代が出てすぐ試乗した時には足もハンドリングもシャシーも走り出してすぐに判るダメっぷりで糞味噌に書いた気がするんですが、これは全く違いますね。 凄いちゃんとしてます。
全てを統合してビシッと纏めてきたな、という感じです。




ただし、遅いです。 普通に流しているぶんには静かですが、踏むと実に色気のないエンジン音が割と聴こえてきます。
そしてその音そのままにモサーッと加速します。
モサーッならモサーッでいいんで、ならばこのエンジン音は徹底的に遮音すべきではなかったか、と思います。


また、ロードノイズも想像してたよりは入ってくるな、と感じました。




高速域や限界域のことは飛ばしてないのでわかりません。

また、RSだと評価が違う可能性も高いです。 機会があれば乗ってみたいところです。

個人的には … ロイヤルがフニャフニャ一辺倒の足では無くなった先々代あたりから、クラウンのベストバイはロイヤル(今回ならロイヤル相当のグレード) じゃないか、と思ってるんですが。



画像



このクラウンに乗って、悪い車だと言う人がいるでしょうか。 よほどのひねくれ者で無い限り、それは無いと思います。
非常に良いクルマです。 それは間違いない。


但し、内外装、走り、色んなところの質感に、ん? と思うところが垣間見えるのです。
やるだけやってここまでだった、では無い。 「クラウン、いやTOYOTA、ホントはもっとやれただろう」 と思うとこが。


何と比べてそう言ってんだ、と思われるかもしれませんが、今やクラウンもかなり高価な車です。
3.5ハイブリでは無く2.5ハイブリッド搭載車でも、高いグレードにちょっとオプション付けると700くらい行ってしまいます。 これはもう、時によって大幅値引きする G30 の 523i や 523d がそこに見えてくる金額です。


もうそんな価格になってんだから、本当はもっとやれただろう、と思ってしまうわけです。




とここまで書いて、先代クラウンの試乗記を読み返してみると … なんだ、同じようなこと書いてるなぁ、と(笑)
5年以上も前に書いた事だからこういう内容は覚えていなかったんだけど、今回もやはり同じ印象だったんですね。


だからもう、これ以上同じことは書きません。


ただし、足回り等は凄く良くなりましたよ、ほんと。




あと、帰ってカタログ見たらオプションあることあること(笑)
実際買うとなると、この中から色々選ぶの楽しいだろうね。








私自身、ちょっと V90 の不具合続きで疲れていたこともありまして。 次は国産に戻ろうかなぁ、とか考えなくも無く。

そういうのもあってか、少し国産、いや、かつて乗っていたクラウンに過大な期待をしていたかもしれません。
或いは記憶が美化されていたか。



価格が違うから当たり前なのかもしれませんが (とはいえ今では V90 も100万引きはいけるでしょう)、似たようなセグメントと捉えたとして。

帰り、V90 に乗り換えて走りながら、「いや、格が全然違うわ」 と。 凄い怒る人もいそうですけど(笑)
オンボロ V90(失礼)でさえそうですから、かつて試乗した G30 なら尚更。


何が言いたいかというと … 極めて個人的なジャッジメントですが。
幅が1800に拘らなくていいのなら、「BMW買う前に新型クラウン乗ってみろ」 (というか、購入の選択肢に入れろ) はあまり気にしなくていいのかな、と。 BMWっていうか、5、ね。 5でいいですよ、と。 3はわからんですけど。

(F10 を見に初めてBMWにクラウンで行った時有無を言わさず3を薦められたけど、それは違うだろう、と思った)



それと、この1800縛りがキツいですよね。
でもクラウンはそうじゃなくちゃいけないと思うんで、ゆったりがいい人は次期レクサスESも候補になるのかな。
ESかなり売れそう。


私なら、このクラウンなら CX-8 の AWD でも買うかなぁ、ごちゃ混ぜにして悪いですけど。






しかしまぁ、先代クラウンの試乗記は良くもああシッカリ書いたもんだな、と。

何で今は書かなくなったんだろう(笑)






書いてる最中にようやく部品が入って来るとVOLVOから連絡ありました。
明日から1週間ほど入院です。

代車また V90 って話だったんですが、お願いして XC90 にしてもらいました。


ああいうRV車は殆ど経験無いんで、楽しみです。
同じ不具合で預けるにしても楽しみを下さい(笑)









気持玉ついでに押して頂けると

(゚∀゚)/ モチベーションアップ!