V90完治+α、VSTのバー2本取付、そしてXC90。

修理で V90 を預けている間に棒が2本届いていましたので、早速取り付けました。



画像



変化という楽しみの為にたまにゃ何かを取り付けようと思ってみても、V90 という車はまぁとにかくパーツが無く … ようやくこのバーを見つけて。

しかしながら私は昨今のボディ剛性の高い車にこのようなバーを付ける効果には懐疑的で、試しに付けるならタワーバーかカーゴルームバーのどちらかにしよう、どっちがいいかな、と俺様理論で考えているうちに面倒くさくなり(笑)、結局前後とも購入してしまったのでした。




懐疑的とはいえ、このVSTのバー、特にフロントのストラットタワーバーをWebで見て惹かれた部分もあります。



まず、ブラケットの部分が頑丈そう。



画像



そして、よくあるようにバー山なりに曲がっておらず、左右をストレートに連結することが出来る。



画像



ストレートであれば伸縮の力が掛かった時にしなりで逃してしまうことが少なく、(それが良いか悪いかは別にして) 非常にガッチリ連結出来るに違いない、と感じたのです。






取り付けに関しては、別段難しいことはありません。が、



画像



アッパーマウントのボルトを抜いて覗くと、まぁ穴の位置関係のおおらかなこと(笑)



サスペンション形式的にショックアブソーバーの角度が多少変わっても実質何の影響も無いのでこれでもいいのですが、これがあまりにも変な方向にズレてるとタワーバーのブラケットが適切な向きに付かなくなり、最後にバーとブラケットを締結した時に変なストレスが掛かってしまいます。

私のは右側がそうであり、仕方ないので一度ジャッキアップしてアッパーマウントを適切な位置に回転させました。





前述の通り効果が高そうなタワーバーではありますが、逆に 「あんまり効果無いかも」 と思われる面もあります。



それは、



画像



バーの位置、すなわちストラットタワーの位置が非常にバルクヘッド、隔壁に近いことです。


要するに構造的に元々ストラットタワーの直後で左右は連結されているわけで、その直前をバーで連結してもあまり効果は上がらないのではないか、ということ。

エンジンルームの、開口部の真ん中あたりにバーを渡すほうが効果的ですからね。




あと、アッパーマウントを締結しているボルトは M8 で、強いトルクでは締められません。
まぁ3本ありますから十分だとは思いますが。 (ちなみに F10 も M8 三本なので、これが貧弱ということはでは無い)

あと、オフセット衝突した時にどうか、てことですけど。 VOLVOですからそこも蔑ろにしてはいかんと思うので。
素人考えでは、多分 M8 のボルトが剪断されて簡単にバーの連結解けると思いますが。







リア。



画像



ここは M6 のほっそいボルト1本でフックとの共締めであり、… う~ん、引っ張り方向にはあまり期待出来ないでしょうねぇ。 バーとブラケットはよく出来ているので、せめて M10 くらいで締められればねぇ。
(ちなみに M6、強度10.9 ボルトの許容荷重は 150kgf 程度。 M10 だと400超)


あとまぁ、大きな荷物積む時には邪魔になるでしょうね(笑)すぐ外せますけど。







で、インプレッション。



画像



多分変わらないか、もしかしたら乗り心地悪くなるかもしれない、という先入観あってからの試走。



プラセボかもしれない、とは思います。が、明らかに良くなった気が。
ハンドリングの精度が一段アップしたような。悪い意味での鷹揚さが無く、ピシッと澄んだハンドリングというか。

そして、荒れた路面でもピシッとした上屋の下でバネ下が最低限の動きで済んでいるような。


うん、やっぱね、言葉で表すとしたら、「澄んだ」 が一番相応しい。 非常に好ましい。



乗り心地の悪化、異音等は皆無。






私的にはこんなに変わるとは思って無くて、嬉しい誤算でした。
効いたのは前ですかね、後ろですかね(笑) よくわからないけど。

ワゴンにありがちな後ろじゃ無くてフロントに剛性不足を感じる、と前に書いたくらいですから、前が主なのかな。



とにかくまぁ、付けて良かったです。

何度も言いますが、運転する楽しみをVOLVOに求めてはいけない、というのはこの V90 には当てはまりません。
これでより一層操る楽しさが増したな、と思います。








で、話が前後しますが修理の件。



バランスシャフトを替えて、ビェーンは直りました。


また、これは確か書いたこと無かったと思いますが … 納車された最初から、2000rpm超あたりでちょっと高負荷になったときに 「ボコボコボコボコ …・・」 みたいな妙な音が出ることがあったんですよ。

回転モノの異音ではありそうなのですが振動を全く伴わないので私にも見当がつかず (吸気干渉か排気干渉による共鳴音か、とか考えもした)、また何度か他のついでにディーラーにも診てもらってはいたのですが、わからない、ということで放置していたのです。


それが直っているんです。
そういうこともあるのかな、とは思っていましたが、まさか直るとは。
そう思いたくは無かったが、回転系から出る異音だったとは。



また、中間域でのエンジン音が明らかに小さくなっています。

自分の V90 は代車の V90 より何で中間域の音がこんなに大きいのか、ポールスターパフォーマンスパッケージを入れると中間域のトルクアップの代償にこうなってしまうのか、とずっとモヤモヤしていましたが、どうやらそうでは無かったようです。


そう、ど~も最初からおかしかったようです。エンジン。
ようやくここから、我が V90 は本領発揮、ということでしょうか(笑)








代車の XC90。


29年の7月登録ということで、私の V90 とほぼ同じです。 走行5000km超。 T6、エアサス。



V90 よりワンランク静かで、それが上質さを感じさせます。

ロードノイズが静かなのはタイヤサイズや銘柄の違いもあって解るのですが、エンジンの遮音も明らかに XC90 のほうが上。 やって出来るんなら、V90 ももう少し静かにしてよ、と思いますが。 何でVの方は少し手を抜いてんの、って。



とにかく全体的に上質で高級車のそれなんですが、どうも私には向かないようでした。

ハンドリングがどうとかロールの仕方がどうとか色々ありますが、最終的には自分の体に対する横Gの入り方が気に入らないんじゃないか、と思えて。
腰を横に押すように入るんじゃ無く、上半身、頭を揺するように入るのがどうもいけない。


足回りがどうこうより (別にXC90は悪くない)、着座位置が高いのが根本的にダメな気がする。



これが本当にそうなら XC90 だけに限らない可能性もあり … 私は私の車の使い方には実はこういう視点の高い大型SUVが向いているんじゃないか、と常々思っていましたし、齢を取って行き着く先はそうなのかな、と考えていたのですが。

しかし丸1週間という長い期間乗ってみると、もしかしたらこれ系全般私はダメなのかも、と思いました。
CX-5 とか 8 とかもね。



そういうのに気付いただけでも、有意義な代車生活であったと思います。









気持玉ついでに押して頂けると

(゚∀゚)/ モチベーションアップ!