前倒しで行こうよ

アクセスカウンタ

zoom RSS V90のブレーキローターについて

<<   作成日時 : 2018/10/06 17:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 0

ひと月ほど前になってしまいましたが、V90の前後ブレーキキャリパーを塗装し、ブレーキローターを交換しました。



保証では無く自前でローターを交換しようと思った経緯は重複するので書きませんが、多分販売開始からまだ間もない V90 としては、ローター交換は世界最速の部類ではないかと思います(笑)



何にしても、今度はローターを歪めないように大事に使いたいですね。

とは言っても、うーん … ローター温度が上がるような走りをした直後の駐停車では、パーキングブレーキを掛けないことくらいですかねぇ、出来ることは。



普通まだまだ交換する時期では無いので参考にもなりませんが、パッドと同じくローターも XC90 用が適合します。

DIXCELのHPを見ると XC90 のフロントは18インチと19インチ仕様のブレーキがありますが、V90 に合うのは18の方。
同じくリアも17、18がありますが、V90 に合うのは17のほう。 フロントは345mm、リアは320mmです。


ちなみにフロント345mmといえば、前の F10 に移植していた550iのローター径は348mmでしたのでほぼ同じ大きさ。
大したもんです。



VOLVOのパーツサイトで調べたところ、XC90 と V90 は (多分 XC60 も) inch で表されるブレーキの仕様が同じならばローターの品番は同じなので、XC90 用を流用することは問題ないと思われます。
まぁそのうち、パッドもローターも V90 適合としてDIXCELのHPには記載されると思いますが。


残念ながら T5 のフロントブレーキはワンサイズ小さいので (17"として表される。 ローター径が17inchというわけでは無く、17インチのホイールに収まるという意?)、XC90 用のものは合いません。
どういうグレードか判りませんが、更に小さい16"仕様やリアの16"ソリッドディスク仕様もあるようです。




DIXCELのディスクはベルハット部分がシルバーなので (純正は艶消しの濃色)、若干見かけが変わりますね。



画像



画像



新品ローターということで、パッドはダイヤモンド砥石で再び完全フラットにしてから組み付けました。



あと、キャリパーを塗装するために一旦外したんですが … 元に戻して、何故か一回目のエア抜きに失敗しました(笑)
いつも通りやったつもりだったのですが、次の日の乗ると何故かペダルがフカフカ(汗)



嫁さんに手伝ってもらうことを前提にしてるとなかなか作業が進まないので、負圧式のワンマンブリーダーを購入。



画像



DOT4 のフルードが近所に売ってないという田舎さ加減に焦りましたが (手持ちのは初回のエア抜きで使い果たした)、このワンマンブリーダーを駆使して何とか早急にエア抜きを完遂することが出来ました。



ちなみにこのワンマンブリーダー (MonotaRO から購入)、非常に使えます。

欠点といえば、フルードを吸い上げる時にキャリパーのブリーダースクリューのネジ山の隙間から一緒にエアを吸ってしまうため、透明のホース内を流れる気泡の有無でエア抜き完了を判断できない (ホース内を気泡が流れっ放しになる)、という事です。

そのためどうしても力技になるというか、念の為にと多めにフルードを吸い出してしまうことになります。

吸い出したフルードをもう一度リザーバータンクに戻すのならいいですが、そうでない場合多めのフルードを破棄することになり、無駄が出ますね。





うちのコンプレッサーはコレで、



画像



プライベートで持つ分としてはかなり有能な方だと思うのですが、ぶっ続けでフルードを吸い込んでますとエア圧は結構な勢いで下がっていきます。

それでも十分エア抜き出来る時間は稼働させられるので、問題ありません。
しかしタンク容量が10L程度の奴だと厳しいと思います。




余談ですが、最近これを導入しました。



画像



旭産業のゲージボタルです。 純正ホイールですのでソケットチャック。

精度も高く使い勝手もなかなかよろしいですね。





今日明日あたりは再び暑さが戻っているようですが、もう気温はグッと下がりつつあります。
夏の間に合わせたエア圧を今見てみると、驚くほど下がっているはずです。 皆さんも一度チェックしてみて下さい。



ちなみに V90 ですが、温間で空気圧が270kPaを超えるあたりから細かい突き上げが急激に目立つようになります。

タイヤの当たりが硬くなるというより、どうも細かい凹凸に対してのタイヤの反発速度 (周波数と言ってもいい) とダンパーの減衰力の相性が悪くなるようで急に嫌な感じになるのです。 位相が合わないというか。


V90 の (20インチの) 指定は240kPa。 転がり抵抗を減らしてエコモードにしたけりゃ260kPa。
しかし頭を悩ませるのは、160km/h以上だといきなり300kPa指定に跳ね上がること。



幅が広すぎて、どこを狙って空気圧設定すればいいんだ、と。



画像



いや、悩む必要は無いか(笑) 無いはず。 300kPa必要なこととか無いはず。



とにかく、V90 に関してはあまり空気圧は高くしないほうがよろしかろうと思います。
細かくスピードの早い突き上げが続くと感じたら、一度冷間で240あたりまで落としてみるのも手です。





実はこのキャリパーのブリーダースクリューには 「どないなっとんじゃーーっ!!」 と怒号を発したいほど苦労させられたのですが、それはまぁお会いした日にでも(笑)










気持玉ついでに押して頂けると
 にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
(゚∀゚)/ モチベーションアップ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 33
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた
かわいい
V90のブレーキローターについて 前倒しで行こうよ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる