音声コントロールが不調になった時の対処方法など

これは V90 だけではなく新型 XC90 以降 XC60、XC40、V60 などのタッチパネル式SENSUSを持つ車両に共通だと思うのですが、何かの折にメディアのボイスコントロールが不調に陥ったことが無いでしょうか。



具体的にはエアコン等の車両本体のボイスコントロールは作動するのですが、曲やアーティストを呼び出す際のボイスコントロールの著しい認識力低下、あるいは全く認識しない、など。




私はディーラーでSENSUSのアップデートやリセットをしてもらうと、ほぼ毎回そうなってしまいます。


逆に言えば私のように度重なる車両不調に陥らずアップデートやリセットを行った事が無ければ全く遭遇は無いかと思いますが、解決方法をば。





システムの言語設定を、一旦日本語以外にして再び日本語に戻す。それだけです。





具体的には、まず 「設定」 → 「システム」




画像



「システム言語及び単位」 → 「システム言語」




画像



色々言語がありますが、English USしか選べません。 日本仕様には他言語のデータが無いのでしょう。




画像



一旦English USに切り替えてから、再び日本語に戻して下さい。




画像



いくら滑舌良く発話しようがどうにもこうにも認識しないため、これは発話を聞き取って照らし合わせるデータが壊れてるか間違っているのではないか、と考えました。



エンジンスタート (センサス起動) 直後にメディアを音声コントロールしようとすると 「メディア&ラジオ、音声操作データのロード中です (だから少し待て)」 と注意されるあのデータです。




データが壊れているのなら一朝一夕には直らないでしょうが、稀におかしな認識されるとこからみて照らし合わせてるデータが日本語では無いようだ、なら読み込み直せばいいんじゃない?、と。


多分、一旦言語を切り替えてから再び日本語に戻さないと日本語の認識データをロードしないのでしょう。

データ書き換えの後などはありがちな事ではあります。





音楽を音声コントロールしている方がどれほどいるのかは疑問ですが、もしあなたのSENSUSが不調ならばやってみる価値はあると思います。 もしかしたら全体の音声コントロール不調にも有効かもしれません。





ちなみに楽曲の音声コントロール、ソースは iPod でしか試していませんが、かなりの良精度です。


日本語であろうが英語であろうが、曲名アーティスト名等余程の当て字で無い限りほぼ探し出して来ます。

一発で絞り込んで再生まで行くのはあまり無いですが、問い掛ければ殆ど間違いなく候補の一番上に出てきますので、ステアリングのボタンを押せば即再生。 なかなか面白く快適です。







全く関係ない余談ですが、ハイビームコントロール、




画像



私は素早く切り替える設定にしているので前走車や対向車を見つけるとそれを照らすのを避けるためバシバシ動くのですが、ユニットの動きだけでは対応出来ないため複数あるLEDのどれかが点灯、消灯する事も多いです。



しかし前走車を避けてはいるものの … この時前走車のリアに映った自車を見てみると、結構ハッキリとライトが明滅しているのが判ります。


これはすなわち前走車から見ても私の車のライトが明滅しているのが判るということであり、パッシングのように眩しくは無いもののパッシングをされていると勘違いされることがあるかもしれませんね。 まだアダプティブハイビームとか浸透してないしね。




すぐ煽っただの何だの言われそうなこのご時世、一応そんなもんだと気に留めておいたほうが良いでしょうね。






※ 10月15日追記



分かりにくいので具体例を言いますと、








動画の57秒からの状況で、対向車のあたりを照らす担当のLEDが消灯するわけですが (動画では「遮光」と言っていますがこれはトヨタの動画であり方式が違うため)、この時前走車にも右側のヘッドライトがパッと暗くなったり明るくなったりするのが判るだろう、という事です。








気持玉ついでに押して頂けると

 にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ

(゚∀゚)/ モチベーションアップ!