V90 長期入院になるか

最近 V90 に搭載される Sensus Navigation の新しい地図データが公開されたため、土曜の夜にダウンロードして車両にインストール。


エンジンを掛けたままインストールし、その後ディスプレイの指示に従ってエンジン停止 → インフォテイメントシステム再起動で何の問題も無く正常終了のメッセージ。

その後暫くガレージに停めた車両にエンジンを掛けて乗ったまま、純正ナビゲーションがどれくらいの音声コントロールが可能なのか色々発話しながら試す。
認識力がどれくらいかは別にして、その時は普通に使えてました。




そして日曜日、乗り始めて音声コントロールが効かない事に気付く。
ステアリングの発話認識ボタンを押しても何の反応も無い。

こういうのはたまにあるんで、コンビニにでも寄ってエンジン停止 → ドアロックからの再起動。

直らない。



そして、メーターパネルのテーマ等、幾つかの設定がデフォルトに戻るか消えてることにも気付く。

一応出先からディーラーに連絡を取り、例の言語設定変更戻しやシステムの初期化まで試すも直らず。
もちろん初期化で個人設定は全部消えたので、やり直し。



帰宅してバッテリーを外したりしてみるも、変わらず。
ちなみにメインとサブ両方のバッテリーを同時に外しても、色々な個人設定は消えませんでした。



ここでもうお手上げなので、月曜にディーラー入り。

本体のプログラムアップデートをしてもらうも、直らず。
前の不調はこれで直ったので今回も直るとたかをくくっていたのですが、暗雲が垂れ込めます。




しかしここで、呆気なくハードウェアの故障交換の可能性を示唆される。

え?え? 地図データアップデートでハードウェアの故障?

なぜそうなるのか分かりませんが、呆気無さからしてもしかしたら前例があるのかもしれません。



ハードウェアと言ってもアンドロイドオートの音声コントロールは出来ていましたので、ボタンやマイクの不具合では無いはずです。 多分インフォテイメントシステムのヘッドユニットの事だと思います。
ちなみに3,300ドルくらいします。 日本では知りません。


とにかく今は、まだ原因を究明しつつ、ヘッドユニット待ちでは無いでしょうか。
余程のサプライズでも無い限り、今月は戻ってきそうに無いです。






しかしまぁ、自分でアップデートした後にこうなると何とも後味が悪いですね(汗)
もちろん正式に自分でアップデート出来る仕様ですので、私が悪い訳では無いのですが。


ちなみに以前エンジン内のバランスシャフトから異音が発生して交換していますが、これも私が純正以外のオイルに交換したからではないか、という引っ掛かりが自身で完全には拭い切れませんでした。

しかし現在、同じ症状結構出てるみたいで(笑) 関係無かったんです、やっぱ。
対策品が出る? もう出た? らしいですが、私のは対策品では無いのでまたビェーンいいだすかもですね。




余談ですが、自分でアップデート出来るのは地図データとボイスコントロール用のデータがあります。

アップデートするといつも、その後数回の起動では反応が鈍かったりプチフリーズ起こしやすかったりするんですよね。
まるでバックグラウンドで何かやっているみたいに。

だから今回もそれかと思いましたが、違ってました。





代車は、V90 インスクリプション D4。

私のとの大きな違いは、ディーゼル、FF、タイヤが 245/45R18 の MICHELIN Primacy3、購入時にまだオプション設定も無く(今は日本仕様は標準)後に悔しい思いをしたダッシュボード等のステッチ入り革貼り。


そしてオーディオが、ハーマンカードン。



画像



Bowers & Wilkins と Harman/Kardon の違い、90/60 シリーズに高額な Bowers & Wilkins を奢る価値はあるのかについては気になる方も多いと思うので、後日レポートしたいと思います。


18インチのコンフォートタイヤで20インチの我が V90 よりどれだけ乗り心地が良くなるのかも興味深いですが、これには先日交換した MICHELIN PILOT SPORT 4Sのレビューも含めなければ語れない。


やっぱ凄いんだわPS4S(笑)


てかそれを堪能し始めたばかりで故障してんじゃないよまったく(泣)









気持玉ついでに押して頂けると

(゚∀゚)/ モチベーションアップ!