前倒しで行こうよ

アクセスカウンタ

zoom RSS ブレーキパッドを短期間で替えた理由と、縦ブレについて

<<   作成日時 : 2018/08/15 15:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 55 / トラックバック 0 / コメント 0

激しいダストに悩まされ、5月の半ばにブレーキパッドを純正から ERST に替えたものの、僅かひと月半1000キロ走行程度で DIXCEL のMタイプへと再び交換した私の V90。



何故かと言いますと、どうにもこうにも ERST ブレーキパッドの鳴きを止められなかったからです。



交換して2〜300キロは殆ど鳴かなかったんですが、アタリが付いてくるについて鳴き始めました。

踏んだ時に鳴くんじゃなくて、踏んでない時に鳴くんですよね。
僅かな引き摺りは当たり前なんですが、それで鳴き続ける。


スリットを入れてみる、グリスを多めに塗りたくってみる、角を多めに落としてみる、藁にもすがる思いで鳴き止めスプレーを使ってみる、パッドが遊ばないようにシムを自作して挟めてみる、等々。
何度も何度もバラして思いつく全てを試してみましたが、私には鳴きを止めることが出来ませんでした。



本当はね、止まらないだろうとは思っていたんですけど(笑)
だって最初に組む時に既にちゃんとやってますし、それを後からごちゃごちゃやったって今まで止まった試しは無くて。



鳴き方も凄まじいもので、夜中だと沿道の住民を叩き起こしてしまうんじゃ無いか、というレベル。

キィーーィーィーーイェェェェーッッ て、ずーっと鳴ってるんですもの。
踏んだ時だけ音は止まるけど、踏んでない時のほうがはるかに多いわけですから。

試しに走り方で温度を上げようが下げようが、音に変化は無し。






普段もブレーキ鳴きの幻聴が聞こえるようになってきたためこれ以上鳴きを止めることに注力するのは危険だと考え、純正に戻すことも検討しました。


しかし ERST パッド交換時に書いたように、純正パッドは両面テープでキャリパーに接着されており、それを剥がしてしまったため同じ状態では取り付け出来ません。 (剥がす時の負担で鳴き止めシムも一部浮いている)

調べるとそこそこする純正パッドを買ってまたダストまみれにする気にもならず、イチかバチか DIXCEL Mtype の XC90 用を買ってみたわけです。(M type は F10 で使って鳴かなかったので)



で、いまのところ問題もありません。 鳴きも皆無。 ダストも ERST よりは多いですが、純正よりは遥かにマシです。

ちなみに純正品番で XC90 と V90 が同じだと確認した訳ではありません。
少し調べましたが国によって仕様が違うのかワケワカラン情報ばかりで、早々に品番での確認はやめました。

まぁこの時も見切りで発車しましたので、いつもの事です。






さて、しかしここで疑問が残ります。


ERST パッドの V90 への装着例は見つけられないものの、V40 や V/S60 への装着レポートは多々あります。
その中に、鳴きが酷いなんて話はひとつもありません。



鳴いている途中に、幾つかの発見がありました。

よく音を聞いていると、足の動きによって音色が変わるのです。
路面が荒れていると足がハイスピードで上下しますが、それに合わせて音色が変わる。

また、ステアリングをバッと切って急激な横Gを掛けると、その間だけ音が止まるのです。
極めつけは、一旦止まってバックすると、その後前進でもしばらく鳴きが出ないっていう。



これが何を意味しているのか。



そう、キャリパーが動いているのです。

片持ちのフローティングキャリパーですからある程度動くのは仕方ないですが、それが度を越しているっぽい。

鳴かない時があるのですから、鳴かないキャリパー(パッド)のポジションもあるはずです。
しかしキャリパーが動き過ぎてそのポジションを維持できないということ。


これは一概に、「ERSTのパッドだけが悪い」 と言えないのではないかと。






で、私なりに原因を考察した結果。



まず、ERSTパッドはパッドの長さ (下の写真での上下) が純正より僅かに短いのです。



画像



それがどういうことかと言うと、



画像



ここの部分の隙間が大きくなります。 下の純正相当の長さの DIXCEL と比べると、差は一目瞭然です。



画像



フローティングキャリパーの位置を決めているのは奥側はスライドピンですが、手前側はパッドがマウンティングブラケットに当たるこの部分です。

したがってここの隙間が大きいと、その分キャリパーが暴れます。

特に ERST は手でキャリパーを持って動かすとゴトゴト動く感じで、これが音色が変化する原因のひとつ、なんですが。




ブレーキをバラしたことのある方、何か気付きませんか。


そう、普通はこのブラケットにパッドが嵌まる部分、ステンレスのレールのような別パーツが嵌まっているはずです。 それが板バネのような役割も果たし、パッド (キャリパー) が暴れないようにしている。



パッドクリップというらしい。



画像



わかりにくけど、こういうふうに嵌まります。(赤いパッドを囲んでいる部分、棒は関係無し)



画像



V90 のブレーキシステムには、前後ともこれが無いのです。 (多分 V40 や V60 にはある)

これが余計に、キャリパーが暴れる原因になってる。





またこのパーツが無い事は、別の問題も生んでいます。



これ、フロントブレーキのマウンティングブラケットの下側。



画像



黒い線のようなものが入っているでしょう。



これは、純正パッドが動きながら削った跡です。

普通なら硬いステンレスで受けているのでこういう傷は付かないのですが、ブラケットがダイレクトにパッドを受けているので、こういう事になるのです。



他の摺動部分にも同じような傷が見られます。



画像



どうしてなんでしょうか。 コストダウンでしょうか。


必ずしも必要で無いのかもしれませんが、私が色々覗き込んだところ国産ファミリーカーでもパッドクリップは付いています。 このプレートが無いとキャリパーの遊び増大だけでは無く経年でパッドのスムーズなスライドも阻害されそうですし、どうも納得がいかないところです。


多分VOLVO自体もこの構造だとキャリパーの余計な動きが増える事を認識はしていて、他の部分での動きを極力抑えるために純正パッドを接着にした可能性が高い。




というわけで私も接着は出来ないものの、出来るだけ不必要な動きを抑えたくてこの部分に小さなシムを作り挟んでいます。 (画像中央の小さな金属片。 ここに隙間があるとパッドとキャリパーがズレる)



画像



写真は全てフロントブレーキですが、リアも同様です。
ブレーキ周りにあんまりこういう小細工はしたくないですが、致し方ありません。



また、私は普通この部分にはグリスは塗らないんですが、削れるのが嫌で今回は塗ってます。 が、ダストが付着することを考えるとどっちが良いか何とも言えませんね。






とにかく鳴きは止まったし、ちゃんと効くし良しとしましょう。


効きですが、F10 の場合は低ダストに替えるとあからさまに効き(踏力に対しての制動力)とフィーリングが落ちましたが、V90 の場合は元々BMW程では無いため殆ど変化ありません。

ERST だと若干フィーリングが硬くなった印象でしたが、DIXCEL だと正直言われないと気づかないと思います。






そうそう、ERST はディスクに土星の輪っかの高解像度版のような模様が激しく付くんですよね。
(これはDIXCELに替えた直後)



画像



ハードブレーキングすると消えるけど、しばらく普通に乗るとまたこうなるっていう。
これも短期間で交換に踏み切ったひとつの理由。



DIXCEL で暫く走ると、下のように一様になりました。



画像



余談ですが、ブレーキをバラすとき当然ホイールを外し、また取り付けるわけですが。


脱着後高速道路を走る度に、140付近で振動が出たり出なかったりするんですよ。
バランスズレてきたかと取り直しても変わらず。



リアはスペーサー入れた時にキッチリセンター出るようにしてるので、もしかしてフロントかいな、と。

で、例によってフィラーテープを挟み込んで調べてみると、なんと 0.09mm が入る。

純正ホイールとハブ、かなり隙間があるんです。
したがって脱着の度にセンター出たり出なかったりして、振動の度合いが変わっていた模様。



今は 0.08mm を挟み込んでキッチリセンターを出し、全域滑るように走ります。

もし V90、あるいはボルボ全般で縦ブレが出ている方がいれば、場合によっては振動が出るほど純正はガタがあるかもよ、ということです。






フィラーテープを挟み込みながら純正ホイールを付けるのは面倒なんで、ディーラーでバランスシャフト&1年点検する際に 「タイヤを外さないで」 と要望したんですよ。


でもバランスシャフト交換の際、どうしても右前輪だけは外さなくちゃいけない、と。

ならばタイヤを外すと金属の薄いテープのようなものが落ちてくるはずなので、それは破棄してもらって結構です、と。
後から自分で新しいのを挟み直そうと思って。



なのに車が帰ってきたときセンターキャップを外して見ると、元の通りテープが挟んであるんです。(外した跡はある)

私が出来るんだから他の人に出来ないわけは無いんですが、テープを元に戻して返した人は初めてだったので 「さすが凄腕の整備士さんだな」、と思いました。
逆に、そこまでしてセンター出そうとしてるこのオーナーはアタマイカれてると思われた可能性大ですが(笑)



現在快調です。 壊れないとほんといい車です。




※ 今回のことは、ERST パッドが僅かに短いことと新型ボルボのブレーキシステムが悪い相乗効果を起こし、鳴きを誘発した可能性があります。 このキャリパーの暴れを抑える組み方の出来るプロにお願いすれば、鳴かないで済むのかもしれません。










気持玉ついでに押して頂けると
 にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
(゚∀゚)/ モチベーションアップ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 55
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい
ブレーキパッドを短期間で替えた理由と、縦ブレについて 前倒しで行こうよ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる