TAMRON 35-150mm F/2.8-4 Di VC OSD (Model A043)

今日は、カメラの話です。


久しぶりに、新しいレンズを買いました。


メインで使ってるボディはフルサイズ一眼の NIKON D750 で変わってないんですが、前に手持ちのレンズラインナップを書きかけてやめた気がするんで今回ざっと紹介しておこうと思います。


ちなみにブログ用の写真はフルサイズでは無く殆ど SONY の NEX-5R という2012年発売の結構古いミラーレスAPS-C機に、キットレンズの 16-50mm F3.5-5.6 を装着したもので撮ってます。



最近はお出掛けの記事を書かなくなったので、ブログでのフルサイズ機の出番は殆どありません。

ていうか、カメラの稼働率自体がかなり下がってんだけどね。 割と重厚なレンズラインナップの割には、勿体無いと自分でも思うんだけど。 腕のほうもレンズの持ち腐れレベルしか無いし(笑)





では。



※ AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR



所謂大三元のひとつ。一番使う機会が多い、が、TELE側がもう少し欲しいな、と思う時もある。

写りの良さは言うまでも無いが、どうも解像が甘い。
前ピンとか後ピンとかじゃ無く、どこにもビシッとピントが合ってない感じで。 まぁ等倍で見なきゃ判らないけど。

どこかおかしいのかもしれないので、一度ニコンに調整に出してみようかと思ってます。





※ AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR



これも大三元のひとつ。 最初から横方向が無く奥行きがある場所を撮ると分かってる時は、これを持ち出します。
時として神掛かった画が撮れる、最高のレンズ。

しかし当たり前ですが使い所を誤ると近場を切り取ったような画しか撮れなくなってしまうので、厄介ではあります。

70mm~てのもありますが、最短撮影距離が1.1mてのが厳しい。
一番ありがちなのが、これで食べ物屋入ることになって後ろに反り返らないと何も撮れなくなってしまうこと(笑)


ポートレートレンズとして使っても最強の部類だと思いますが、TELE寄りで開放だと口径食のせいか背景が渦巻きボケになってしまいます。 特にランダムな背景(森の木漏れ日など)だとこれが顕著で気持ち悪くなってしまうので、そこだけが注意すべき点ですかね。

あと、車を真面目にカッコよく撮ろうとする時も、これ使います。


私は D750 にこれを付けて手持ちでずっとウロウロしても重さは負担にはなりませんが(逆に手持ちではこの辺が限界かと思う。150-600とかでウロウロするもんじゃ無いし)、見慣れない人からみれば異様にデカいレンズです。

知らない人から見れば 「デカい(長い)レンズ=超望遠」 ですから、遠くの何かを狙ってると勘違いされやすいので注意が必要です(笑)





※ SIGMA 85mm F1.4 DG HSM ART



所謂ポートレートレンズ。 使用頻度は極めて低いですが、ここ一発を狙う時にはこれ出します。
これにしか撮れない、現実離れした画があります。

ただし D750 は 1/4000 sec までしかシャッタースピードが速く出来ないので(高級機は 1/8000 まで使える)、晴れた海辺とかで開放にすると完全に露出オーバーになってしまいます。
なので ND2 のフィルター使う事が多いです。勿体無いですね。

ちなみに D750 は ISO50 まで減感できますが、これは大雑把に言えば内部で暗くしてるだけなんで白飛びするのは ISO100 とあんまり変わりません。 なので減感は殆ど使えません。



この前には似たポートレートレンズとして TAMRON の SP 85mm F/1.8 Di VC USD を持ってたんですよ。

タムロンのほうがかなり温かみのある色合いになるので、RAW現像で弄らなくて撮って出しの人、カリッカリな解像じゃ無くてもいい人、F1.4 に拘らない方ならタムロンの方が良いかもしれません。 シグマより安価ですし。


実写レビューのリンク先は、これだけはボディがSONYのα及びCANONのものになってます。





※ SIGMA 50mm f1.4 DG HSM ART



開放でも周辺まで綺麗な玉ボケが出るんで、夜間の撮影で使うことが多いです。

50mm も 85mm も手ぶれ補正は付いてないですが、元々明るいレンズですので必要だと思った事は無いです。






そして今回加わったレンズ。



※ TAMRON 35-150mm F/2.8-4 Di VC OSD (Model A043)



DSC03450.jpg


これはね、発表があった時から、「おお、これいるわ」と(笑)


予約出来るようになったらすぐ予約して、発売日には届きました。
実写レビューも公式しか無かったんだけどね。間違いは無いだろう、と。



やっぱね、24-70 だと、TELE側が足りないと感じる事多いんですよ。 特に車が絡むと。

車って、広角で撮ると両サイドが寸詰まりになってカッコ悪くなるでしょ?
逆に望遠になると両サイドが伸びやかになる。

要するに望遠側のほうがロー&ワイドに写るわけね。概ね画面いっぱいに撮った場合の話だけど。
特に望遠側の糸巻き型収差が酷いコンデジなんかで画面下半分に車を入れると、よりロー&ワイドに写るよね(笑)


だから、車が絡むと最低 100mm は欲しいなぁ、と。 いつも思ってたんですよ。

それと、全域で 0.45m という最短撮影距離も魅力。150mm で 0.45m って、セミマクロ的な使い方も出来るやん!車も撮れるし、スイーツのアップも撮れるやん!ツーリングに最適やん!!って(笑)



肝心の写りですが … まだ少ししか使って無いんだけど、かなり良いです。 予想よりかなり。
手持ちの中では安価であるにも関わらず、解像、コントラスト、発色、見劣りしないと感じます。

F2.8-4 という事でボケ量としてはどうだろう、と思ってましたが、これも予想よりボケる感じです。


暗いとこはね、そりゃ持ってる中では一番弱いですけど。

あと、フォーカスが遅いです、シグマよりも遅い。 動いてるもにバッと振って合わせるのは難しいかも。
まぁ、大三元が爆速ですからね、ほぼ瞬時ですし。 それと比べたらダメなのかも(汗)



DSC03453.jpg


というわけで、しばらくこれをメインで使ってみます。 大三元の出番が減ったら減ったで勿体無い気はするけど。



カメラの話なのに作例が一つも無いってどうなの、って思いますが、まぁ上げられそうな写真が無いんですよ。

ものすごいポートレート寄りな構成でしょ、だからね(笑)
対象物が無いと。 景色撮るのは苦手なのよ、センス無いから。





Z6、Z7、興味あります。瞳AFもファームアップで搭載されましたし。

でもやっぱマウント違うとね、引っ掛かりますね。 そういう人は多いんじゃないかな。
先を見据えたら、何時かは乗り換えないととは思いますが。